立体感

Youtubeで見たとある動画のコメントに「片目で見ると立体感がすごい」って書いてあって、「んなバカな・・・」って思ったんだけど、実際やってみたら確かに立体感が増した。
画面を両目で見た時点で「平面に表示された平面の絵」として認識しているけど、片目で見ると視差による奥行きが無くなるから、遠景のボケ具合とか絵に込められた「立体的に見えるような工夫」を感じやすくなるんだなあ、と。
もちろん両目でも、映像そのものを注視したり、映画館の「視界いっぱいの映像」に没入すれば、片目で見なくても「飛び出してくるような映像」を感じられるのだけどね。

音のミックスとリスナーの再生環境の事を絡めて考えてみたり、3D映像に興味津々だけどまず奥行きのある絵作りを心がけないとねーとか思ったり、まあ色々と、久し振りに頭の中でアレコレ考えてたら楽しかった。